布巻ゴム製マスターバックバキュームホース

長い名前のタイトルになってしまいました。

こんな物が現在入手できるとは思っていなかったのですが、

取り敢えず、発注しておきましたら、しばらくして届きました。

これです

ホース長さ

L字部長さ


因みに、私の実車では、高圧シリコンゴムのホースを使っています。

今回探し当てたのは、古いタイプなのです。







さて、自分の車のマスターバックのバキュームホースと取り換える事が出来るかどうか?

先ずエンジンルームにて、その取り付け部分を探し、そして、その取り付け部の径を調べてみました。

エンジンルームパイプ取り付け部



ノギスが入らないので、何種類か水道のホース(口径が何種類かあります)を輪切りにしてその嵌り具合

から調べました。

水道ホース輪切り

取り付け部径確認






実際にその長さをジョロのテーパー上になっているところにあてがって、



ジョロとホースの径確認後


2本線を入れました。細いところが同じ径です。太い方はわずかに大きいです。

ジョロの先テーパー部で2本線入れ



同じ径までは押し込んだら入りました

差し込み途中


更に少し太くなっているとこまで入るかを調べました。

置くまで差し込み


力を入れればここまで入りました。

きつければ、ホースをお湯に浸してから温めてとか、

中性洗剤を内面に塗ってからとか、思いましたが

その心配はいりませんでした







丁度良いようです。と、思います。







スポンサーサイト

ブレーキトラブル(続き)

ブレーキマスターシリンダーは前回書いたので

今回の記事は、リヤ キャリパーシリンダーのお話です

届いたキャリパーはこれ!

SUMITOMO DUNLOP の刻印の有る物です

DSC06123ブレーキキャリパーシリンダー2と8分の1

写りが悪いので、もう一枚

DSC06122ブレーキキャリパーシリンダー2と8分の1

右端に2 1/8(2と八分の一)





取り外しの直前のモノ、もう交換してあります。 ↓

左後

DSC06127ブレーキキャリパーリヤレフトRL

右後

DSC06128ブレーキキャリパーRR


取り外したキャリパーシリンダーは、SUNTES JAPAN と刻印されています。

ボッシュの傘下の会社か?関連会社かだと聞いてます。







これは、ブレーキパット↓かなり前に使っていたモノです。

今までのモノが、効き過ぎでフルブレーキングで、後ろが効き過ぎなので

これで対応します。



DSC06124古いブレーキパッド



土曜日には修理完了



今日は、車仲間と集いの日!

北九州まで行ってきました。(九州地方のお仲間と会うのは、門司港のイヴェント)


無事帰ってきました。なんにも問題なくすごせました。



ブレーキトラブル

なんと、

サーキット場で、ブレーキトラブル (9月の話です)


アクセルトラブルばかり気にしていたここ2,3年!

フルアクセル時、アクセルが戻らなくなるトラブルの解決に

手間取った【本当の原因にたどり着けなかった・・・注1)←にて解決】





注1)http://piasuarou.blog122.fc2.com/blog-entry-675.html


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨年のサーキットイヴェント時を振り返ろう・・・

昨年サーキット場で、フルアクセル状態が戻らなくなった!

アクセルペダルをバタバタさせれば、普通なら戻るのだが、

なかなか戻らないので、

フルブレーキをかけて、無理やり停車させたのが悪かったのだろう

その日、ブレーキがサーキット周回中に掛かりっぱなしになり

温度が下がるまで、ちょっと待った

その時は、それで何事もなかったように治ったので、

一時的にパイプ内の温度上昇でブレーキが

掛かりっぱなしになったのだと判断していた。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

それで、この一年間なにもトラブルは無かったのだ


しかし、違っていた

その時に、リヤ左のブレーキキャリパーのシリンダーを痛めていたようなのだ

今回は、アクセルトラブルは皆無になったが、

それでも、痛みを受けたブレーキキャリパーには、

疲労が蓄積されていたようだ。



今回も何とか自走で戻って来れた


そして、念入りに修理をする事にした

まず疑われた、ブレーキのマスターシリンダのパーツの確認・・・

部品部屋にて、時間はかかったがなんとかか探し出せた。


マスターシリンダーは、↓ の図

DSC06006パーツカタログ







30年くらい前に部品共販より購入していたもの。(勿論、20年前にはメーカーにも在庫無しの状態)

     本体  ↓

DSC_0030ブレーキMシリンダー(未使用パーツ)

本体の付属品 ↓

DSC_0036ブレーキMシリンダー附属品



本体の中のピストン部分の交換パーツ箱とその物 ↓

DSC06007ブレーキM(シリンダーキット)箱

DSC06011ブレーキM(シリンダーキット)中身


余談

このマスターシリンダーは、30年くらい前のい購入なのだが

既に代替品になっており、本当の当時の姿とは違いがあるのだ。

半透明のプラスチックのパーツ(ブレーキマスターシリンダーリザーバータンク)と

その上の黒いゴムの蓋。

そこで、今回、そこのパーツも以前用意してあったのを思い出し、交換した。

そのパーツは、↓

DSC06014ブレーキMリザーバータンクOR



装着完了の写真 ↓

DSC06046エンジンルームブレーキ系



メインのキャリパーシリンダーの交換はまだ、

部品の取り寄せは完了。

その話はまた、詳しく説明予定



つづく・・・・・・・























一年前、キャブレターのガスが濃いので・・・

一年前、キャブレターのガスが濃いので・・・

「キャブのジェットを交換しなくてはいけない」て、言ったきり


     放置



以前の関連記事は↓

http://piasuarou.blog122.fc2.com/blog-entry-653.html


そんなことではいけない。

ので、


とうとう、重い腰をあげました


作業の様子です






作業前の準備は、後で、術前の状態確認出来るように

分かりやすい写真を撮ります。

工具は大きめのマイナスドライバー、

軍手、ふき取り用のクロス、

手持ちのジェット類   以上です




①作業前の状態

DSC05903DCOE1.jpg



②蓋を開けました

DSC05904DCOE2.jpg




③手持ちのジェット

DSC05907DCOE3.jpg




④今までのメインジェットは135でした

DSC05909DCOE4.jpg

左側のギザギザのネジ山の見える方を引っこ抜くと、エアージェットが現れます。

190が入っていました。 (写真無し)






⑤今度は130に変えました(メインジェット)

DSC05915DCOE5.jpg





⑥ジェット交換の時に外すパーツはここからネジを緩めて抜き取ります

DSC05982DCOE.jpg








今までのジェットは

メイン135

エアー190

でした。


今回は

メイン130

エアー190は、変わらず



ちょっと、控えめな選択でした。




早朝ドライブ

朝5時半に起きて、

ドライブしてきました。

お気に入りの風景を交えて

動画を撮影してきました



昼中は、暑すぎます。





夜は少し涼しい風が今日は、吹いています







キャブレター、リンケージロッド干渉部位削除調整

車の話です

キャブレターのスロットルが全開時に戻らない事象がサーキット走行中に起こり

(昨年、一昨年の秋:例年の広島での事)

一昨年の対策が、不十分だったので、続けて起こしてしまった。

(フルスロットルの直前でもう開かない程度にストッパーを噛ませました←他の原因があった)

なので猛反省しました。

リンケージのロッドの可動範囲で、隙間が狭いところを見つけたので

余裕のあるスペース確保を行いました。




それでは、写真をどーぞ

DSC05213説明アクセルレーターロッド前




この丸で囲んだ、削除しているところは、左右に一対あり、この車には、こちら側はいらないのでした。

ですから、削除可能部位です。

詳しく言うと、車のエンジンの右側にキャブレターを設置しているか左側に設置しているかで

どちらかは不必要なのです。


それでは、削除作業中の4枚です

DSC05226説明アクセルレーターロッド前

DSC05227説明アクセルレーターロッド前_e

DSC05228説明アクセルレーターロッド前

DSC05229説明アクセルレーターロッド前







それでは、連続写真でどーぞ



連キャブ干渉部位削除中1









それでは、削除完了の写真をどーぞ

DSC05276説明アクセルレーターロッド前

DSC05277説明アクセルレーターロッド前

DSC05278説明アクセルレーターロッド前

DSC05279説明アクセルレーターロッド前








それでは、連続写真もどーぞ

連キャブ干渉部位削除完了前方ヶ所













上の話は、1番前と、2番目のキャブレターの間の場所ですが、

次は、2番目と3番目のキャブレターの間の場所です。



写真は、⇓

もう一つの削除完了

DSC05248後アクセルレーターロッド説明

DSC05249後アクセルレーターロッド説明

DSC05250後アクセルレーターロッド説明

DSC05251後アクセルレーターロッド説明







それでは、連続写真でどーぞ

連キャブ干渉部位削除完了後方ヶ所





新たな自分の時間:「木曜の午後」に行いました。



良い結果が得られますように☆







AIR/FUEL

古い車には、燃料を供給するのにキャブレターを使います。

今時は、燃料噴射装置です。

さて、そのキャブレターの調整を自分でするとなると、素人の範囲を超えますが、

自分で出来る範囲があります。

素人の自分でも出来るのが、ジェット交換です。


それを、比較的快適に行えるツールが最近、旧車で、サーキットを楽しむ人々により

広まってきているようです。

燃焼状態が悪いと、エンジンの掛かりが悪かったり、アフターバーンを起こしたり、

黒煙を吐いたりと、問題行動を起こしやすいのです。

少しでも快適に、綺麗な燃焼を推進出来れば、色々な方面でメリットが期待出来ます。

動力性能が良くなる、燃費が良くなる、排ガスの環境レベルが良くなる。

と、期待出来る事が喜ばれもするはずです。



さて、今回は先ず手始めにパイロットジェットの適合具合をチェックしました。

それでは、3千回転時の空燃比計の数値は

IMG_0687パイロットジェット用資料3千


何度か計り、13・9くらいでした。計測ポイントが少し登りでした。

平坦のところは資料が少ないですが、13・3くらいだったと思います。

今後少しづつ、補填していきます。





因みに、アイドリング時も計測

15分走行後の自動車道SAにて、

IMG_0676空燃比計SAアイドル











帰宅時のアイドリングの状態では


IMG_0707空燃比計帰宅時アイドルa
IMG_0739空燃比計帰宅時アイドル


今日の状態はこうでした、くらいな報告程度です。





今後、エアジェット、メインジェットの調整の方向を考えていきます。

少し、濃いようなのです・・・・

















秋恒例の車行事in広島

今回で8回を迎えました広島の車行事。

トヨタドライブ王国の広島の行事です



高速PAにて、お迎えに来てくれた仲間のみなさんです

DSC03735広島グループ集合

DSC03738広島グループ集合




DSC03730広島グループ集合


走り屋さん多いですね~




今回は、例年よりも集合時間が30分も早いので、あとから来てくれたアルピーヌさん

写真無くってゴメンね










今回も、サーキット内で、フルアクセル時に、スロットルが戻らないトラブルが出てしまいました。

リンケージとスロットルとつっかえ棒が一直線近くになり

エンジン振動で、その関節が180度を超えてしまうのか、

それが原因で、戻らなくなると思われます。

リンケージの位置変えで、対処出来るかやってみます。

それと、キャブ調整の必殺技、伝授して貰いましたので、

今度試してみます。



木曜日の午後にやることたくさん出来て、ちょっと嬉しいです

(9月から、新たに、木曜日の午後は仕事を休むことにしたので)








やっと戻ってきた依頼品

もう何年前のことだろう

IMG_8884フェンダーミラー_edited-1



10年以上前だから、何年前かは、もう正確には、分からない

でも、手元に戻ってきたことに感謝!

私の車、古い車の方です、アテンザではないですヨ

レストアに出した、フェンダーミラーの事なんです。

半分がメッキで、半分が艶消し

良いクリスマスプレゼントになりました。

メッキは奥が深いんです。

話せば長くなりますので、また、機会があれば・・

7月23日は走ってきました(9月でした~)

大収穫!

実りの秋です。

走ってきたのは良いのですが、

車の不調箇所を何とかしようと、試行錯誤でしたが、

ふとしたことから、出口が見えてきました。それはさておき・・・・

23日のご報告です

7回目を迎えたこの行事!!!

例年、お出迎えを例のSAでしてくれてありがとう(^^♪

もう7年目になるんですね☆

お出迎えしてくれた車両・・・写ってない方、ごめんなさい

IMG_7704集合a


IMG_7692集合

IMG_7685スカG

いつも、いつもありがとうございます。


さて、これはこれは、私も利用しているオーリンズではないでしょうか!

こちらは、さらに別体シリンダーがあるではないですか

IMG_7681ロータス EX

別体シリンダーだけでは分からないので、全体図 ⇓


IMG_7684ロータス EX

これがあると、ちぢみ側の調整だけではなく、のび側まで調整できるんです!すごいな~

キャパシティーも上がるし、、、いいないいな~~~



それでは、会場は・・・

いきなり、、会場にワープです

IMG_7717ドリ

ドリフトの模擬レースでしょうか



地元のアナウンサーのインタビューの様子です

IMG_7729松本アナ

もう一方は、どうしても観客や、車が邪魔をして上手く撮れなかったのでした・・・

IMG_7744インタビュー

こんな具合で、ガラス越しで申し訳ないです。。

でも、リアリティーがあっていいかも



で、私は???

自分では撮れないので。。。

そうそう、

先にお話した大収穫!

乗りごごちのふわふわ感とか、跳ね上げ、突き上げとかの決め所がないこと

足回りを固めてしまえば、突き上げ感強くなるし、でも、不思議と波打った路面では、

フワンフワンしてるし。。。LSDは効き過ぎてる感じだし・・・

んんんn。。。なんと、LSDの吊り下げてる方のブッシュナットの締め忘れ???

最後まで、締まってなかった、ずれてたのか?変な締め方をしていたのか?

ま~。これ以上詮索しませんが、でも、上手い整備工場が見つかって良かった(^^♪

あと、数日早く分かっていれば、もっと楽しかっただろうに、、、

今乗ってみて、今までで、一番調子の良かった、運転しやすさに戻りました。

リヤが思うように滑らされるので、超楽しい~~~

でも、やりすぎると古い車なので、ちょっとだけ心配もあろいますが。。。

イグニッション コイル

長いことありがとう

黄色い GT COIL ちゃん


IMG_7680coil.jpg




そして、

新しい、黒コイル君、宜しくです!

IMG_7675coil.jpg










私が学生時代に乗っていた車に付けていた黄色のコイル!

これと同じのが、往年のカーレーサーがやってるお店にあるので、貰ってきてあげようと・・・

そんな経緯で、20年近く装備していました。


先週の日曜日に付け替えました。


 例の私の車は46歳か47歳か・・・1967年11月生まれです。(工場出たのが)

この黄色いコイルは生産されていた時期が若干若いので、ちょっと違和感があったのでした。

それで、“黒の純正ぽいのだが、ちょっと違うの” を装着しました♪

これらのチョイスは私が学生時代読んでいた、CAR BOY なるものの

製品チェックをみて覚えていたものなんです。

それで、WAKOの電装品は優秀!と、脳にインプットされているのです(笑)

そして、変えたことで不都合とかは別にありません。

性能が良くなったとかは別に感じません。

だったら、これで良しだと思います。



まだ、走りこんでいないので、こんなところですが、

月末には、走りますので、、、

なにかあれば、詳しく記事にしたいと思います。


広島でなにやらイヴェント

広島の車の友人から

お誘いを受け

遊びに行って来ました


広島だけに歴代マツダ車  

DSC02298mazuda_edited-1.jpg



これは、電気自動車に改造されていました。勿論車検も通っています

DSC02303電気自動車_edited-1

後部に電池パックがありましたが、写真を撮っていませんでした・・・説明を一生懸命に受けていたのでつい!





会場には、色んな車が展示してありました

DSC02449会場_edited-1




鳥撮りの時は、枝被りとか失敗写真になりますが、・・・

DSC02333jps_edited-1.jpg



DSC02378_edited-1.jpg




最後にワンちゃんの散歩にも遭遇しました、一週間たってしまったので、犬名を忘れてしまった・・・とほほ

DSC02498犬_edited-1

さよなら そして はじめまして

今日は、最後の洗車をしました

ステージアとお別れだったんです

長い間、いろいろとありがとうございました

ご苦労様♪




そして、新しい私の助っ人アテンザ君です

新旧交代記念写真です


IMG_4988tr_edited-1.jpg

IMG_4940tr_edited-1.jpg

IMG_4998tr_edited-2.jpg


いつもは、この販売店の試乗車とかが飾られているところ

それらの車をのけてもらい、撮影です





IMG_5005s_edited-1.jpg







自分を過信しない、車の運転支援システムに頼りすぎない

まっ!安全運転ということで




時日の経つのはあっという間なんですね、

車のスイッチについて行けません(爆)



IMG_5012tr_edited-1.jpg


説明を聞いていたら、とうとう日が暮れてしまいました






続スペアタイヤ

前回からの続きです

新しいタイヤの写真から

IMG_4649タイヤmadein_edited-1

前回のタイヤはフランス製、

今回新しく装着したタイヤはなんとセルビア製!



IMG_4626タイヤtubl_edited-1

今回のは、なんとしっかりと書いてありますね!

チューブレスです。

まぁ、チューブ付けてもらったけど

無くても可、と言う事でしょうか♪

中には、チューブ付けた方が安心かも(移行期)、

と言った友人を思い出しました。






IMG_4624タイヤ185_edited-1

IMG_4623タイヤx_edited-1

はい、前回と同じ185/70VR-15です

今回はミシュランのXWXです。前回のはミシュランのXでした

1970年ころにミシュラン・X(スティールラジアル)が出現し、すぐにXWXへと移行した様です

ですから、何が変わったかと言うと、チューブが要るか要らないかだったのですね☆

解決です。

ちょと遅いけど、ま~いいか。



スペアタイヤ

スペアタイヤがパンクしていました。

1987年に買った中古車なのです(この時点で20年落ち)

それ以前に積まれていたという事になります

ですから無理もないでしょう

IMG_4088スペアタイヤ_edited-1

IMG_4091スペアタイヤ_edited-1

IMG_4093スペアタイヤ_edited-1


それで、親しいタイヤ屋さんへ

同じサイズを一本お願いしますと、


今日、取に行きました

なんと、このラジアルタイヤ、中にチューブ入りだったそうです

ですから、またまた、新しいチューブも探して

装着してくれたそうです。

話には聞いていました。

チューブレスタイヤでも、中にチューブ入れることもあるとか、

でも、

このタイヤがラジアルタイヤでも、チューブレスでは無い可能性があります。

今回の写真は次回に・・・その時に

また、お話の続きをしましょうか


の~り のーり のりかえる・・・

”あう”ではありません

↑AU




車のお話です

毎日毎日の通勤で使ってる車をついに

乗り換えることにしました

15年間乗ってると、あちらこちらに

私が乗り上げたり、ブツケタ後遺症が・・・

出ているかも知れません

この際

今どきの安全装備で、下手な運転を支援してもらうか☆

そんな訳で、車の選定という楽しい事をはじめました

先ずは、気になってる車のカタログ集めから


最初の(カタログ)写真;15年間頑張ってくれてる車はコレ↓

IMG_4052ステージア_edited-1

IMG_4053ステージア_edited-1

今回はカタログから、、、ですので

(色とか、細部は異なります)

ワンちゃんを乗っけるために、ステーションワゴンは譲れません


ですが、お付き合いのある日産プリンスに行くと

ステーションワゴンのこのクラスは無いとの事・・・

それで、もらったのが、このカタログです

IMG_4054スカイラインクロスオーバー_edited-1

IMG_4055スカイラインクロスオーバー_edited-1

ステーションワゴンというか、SUVでしょうか・・・




それで、ステーションワゴンと言えば

レガシーツーリングワゴンを思い出したのでカタログを貰ってきました

IMG_4057レガシー_edited-1

IMG_4056レガシー_edited-1

もう一つ、マツダに行って、もらってきたカタログがコレ

アテンザワゴンです

IMG_4066アテンザ_edited-1

IMG_4067アテンザ_edited-1



これだけだったら面白くないので、比較できる様に

有名どころの外車のカタログも貰ってきました

ベンベー

IMG_4061BMW_edited-1.jpg

IMG_4058bmw_edited-1.jpg


アウディーのカタログも貰ってきました

IMG_4065アウディー_edited-1

IMG_4065Bアウディー_edited-1

えっ!

何にしたか、って言うと

発表は納車の時にでも、

ですから年明けになりますね

どれも、素敵な車ですが、一つに決めなければなりませんでした!

かなりの遅れが出ています

先週の日曜日の出来事です


ついつい、遅れて、遅れて、


何があったかと言うと、

門司港レトロで旧車の集いがあったので、

行ってきました。

九州の車仲間(こちらは同じ車種です)が、

この集まりに乗じて数台集まります。

今回もとりたてて、変わりはなかったですが、

写真は撮ってきました



車が沢山来ていたのですが、

周りの風景を、、、


DSC00863レトロ_edited-1

DSC00873ビル_edited-1

DSC00914船_edited-1

DSC00919ホテル_edited-1

少年、兄弟でしょうか

とても楽しそうでした。後ろのビルが、門司港ホテルです



今回、目についたのが、これ↓

DSC00933赤オープン_edited-1

かっこよかったです!MG1600




DSC00922hato_edited-1.jpg

最後は、ここのスペースの管理人のポッポさんです

スロットルが戻らなかった件

原因が分かりました

キャブレターのスロットルリンケージに

回転計ケーブルが挟まっていた!

加速Gにより、ケーブルワイヤーが後ろに移動して

そんな悪さをしておりました。

DSC00057スロットルリンケージ_edited-1

黄色のラインで囲ったところの赤い破片が証拠です

リンケージにはまり込んで、ちぎれた赤い破片

黄色の横の“赤と黒の管状の物”が、回転計ケーブルです

本来、黒いケーブルワイヤーですが、この赤と黒のコードは

何らかのガードが目的で、カバーしてあるようです。






DSC00061回転計ケーブル_edited-1

ちょっと角度を変えて撮影したのもアップしておきました



DSC00059_edited-2.jpg

こんなところにも赤い破片が飛び散っていました。。。

この左の赤いのは、プラグコードで関係ありません。




どうして、こうなったかは、4,5年前の事です。

プラグ交換をお願いして、そのあとで見てみると、

気を利かせてもらったのか?

回転計ケーブルが、スロットルワイヤーケーブルに併走して

ビンディングしてあるではないですか???

違う、、、

回転計ケーブルはチェーンケースの前だよ!

と、教えるか、自分でやり変えねばと思って、そのまんまにおしていたのが

今回の結果に繋がった~~~のでした。


反省!

自分で、出来るところは自分でやる

言わなきゃならないことはちゃんと言う


今度から、気が付いたら、そのまんまのしておかない!


今後はそんな小さな事にも気を付けないと、

大失敗につながるかもしれないので

要注意です



新しいカメラの写りも、なかなか良い感じ?

でしょうか、

だったら良いのですが、使いこなせるように頑張りたいですえね!

それはそうと、このカメラの日付の設定がまだでした・・・

サス回り

足回り

サス回り?

あんまり真剣に考えてなかったです

言葉はどうであれ

車高調付近の写真です

IMG_3448サスRL_edited-2

IMG_3451サスRR_edited-1

IMG_3460サスRR_edited-1

IMG_3489サスFL_edited-1


機械の意味有る構造

心惹かれますネ♪

オルタネータ

発電をあんまりしてくれなくなった

愛車のオルタネータ!

今回は数年前に友人から譲り受けた品物(これももう発電していないそうです)を

修理というか、レストアに出しました。  送り返されたモノと付け替えます





送り返されて来たモノは↓ です

IMG_3499オルタネーター_edited-1



IMG_3513オルタネーター_edited-1


とても綺麗な仕上がりはとても気持ち良いものです

IMG_3501オルタネータ_edited-1

ただ、残念なのが、この部分!

これはこれで良いのですが、出来たら、

銘板の色が落ちないように、マスキングしてもらえてたなら

なお良かったですね


IMG_3495オルタネーター_edited-1

これ↑  は、ベアリングとブラシ・・・使用限度を超えてたようです

というか消耗品





写真の中央に見えるモノがはずしたいオルタネータ

IMG_3538オルタネータ_edited-1

向きを変えたり、簡単にはずせるものをあれこれと試したり

オルタネータブラケットをはずしたら

何とか取り出すことが出来ました





IMG_3547オルタネータ_edited-1


プーリーをはずして付け替えました(レストア済みの方には無かったので)

その時にファンも今の方が良かったので付け替えました






さて、次は取り付けです

IMG_3549オルタネータ_edited-1

はずすことが出来たなら

付けることはできるでしょう♪

はずすのが難産だっただけにスムーズにいきました


IMG_3555オルタネータ_edited-1






反対側から見ると、こんな感じ

IMG_3563オルタネータ_edited-2



取り付け完了

IMG_3579オルタネータ_edited-1


今回もシートの付け替えをして下さった工場です

ここ2,3年はだいたい、こちらにお願いしています

座席


愛車の座席のシートが古くなり(車そのものが古いので)

中身のスポンジがビニールレザーの裂け目から

ふわりふわりと出てきていたので、

レストア済みのシートに交換です




友人から送られて来たのです↓

IMG_2790s.jpg

梱包されてたところから、久々に出てきたシート





IMG_2791s.jpg

レストアの状態も文句なしですね♪







IMG_2797s.jpg

実車からは、今まで何十年も働いたシートを外し

掃除。そうじ!





IMG_2804s.jpg

手前が古い方で、奥が今回装着のシートです






これは古い方

IMG_2816s.jpg

ビニールレザーの切れ目から黄色いのが見えますが

それが、スポンジです






IMG_2826s.jpg

装着完了!



この車は、私の元に来て26年です。生まれてから46年です。


PS:お願いがあります
  
  車名はどうか、分かってもコメしないで下さい。このブログのNGワードなんです

  どうぞ、よろしくお願いします♪

 

ラジオ完成

長い道のりを一歩づつ歩んでまいりました

試行錯誤を繰り返し、一つの工程が出来ても

その後で、他の事をしていたらそれがダメになったりと

行ったり来たりもありましたが、

やっとの事で、完成となりました。

素人仕事なので、大きなこころで見て下さい。

IMG_1653ラジオ完成

製作にあたり御指導、ご協力下さった方々にこの場で御礼申し上げます。

特にぽるぽる★。さん、ありがとうございました。


企画:ひよこ丸
製作:ひよこ丸とひよこ堂スタッフ
協力:ぽるぽる★。さん(文字盤の白色デカール)
指導:???さん
応援:御閲覧の皆様 




ツマミスイッチの繋ぎ

カーラジオのツマミスイッチの繋ぎ部分を作りました

ラジオ本体の左右の端のスイッチです

IMG_1609ラジオ




スイッチの繋がり部分

IMG_1614ラジオ








スイッチを外したら、この様になります

IMG_1616ラジオ

このシャフトの先端がマイナスドライバーの差し込みの様になっています










スイッチの裏側は、そのシャフトが嵌り込む様な大きさのパイプで

包み込みます

そして、はまり込み部分にマイナスドライバーの形をしたモノを

鉄板を切り刻んで作り固定しました。

IMG_1621ラジオ

これで、オリジナル同様のカタチとなりました


それでもって、表装部分ですが、仕上げの塗装にはいってます

今、乾燥中です

後は、組み立てるだけです

明後日には、完成してるはずなのですが・・・

カーラジオ文字盤完成

早々に白文字貼り!私の失敗を

補ってくれる様に、新たなバージョンで

新作を2種、計15枚☆を送って頂いた

おかげで、何枚も練習し、コツを掴んだので

白文字をアクリル板に貼ってみました♪

IMG_1483文字盤S

ぽるぽる★。さん、本当にありがとうございました。

後は組み上げて、塗装仕上げするだけです。


OH!

文字が反対だ~~~

いえいえ、これで良いのです。これは裏側から貼ってあるので・・・


今、車庫でクリアを吹いたところです。

これも、練習しました(笑)

カーラジオ完成間近(文字板は?)

黒く塗ったら、なんとなく

完成間近

だけど、

文字板の白文字。。。

なんとかしなくては

出来てるのは、現在ここまでです

IMG_1305car radio

位置決めは最終ではありません

もう少し仕上げます。

あ゛~~~

文字板。。





パネルで覆ったら、こんな感じになります

IMG_1320car radio

カーラジオ途中経過

完成予定の2月も今日でおしまい・・・

まだ、出来て無いのです・・・

どこまで出来ているかと言うと


2月中旬のところの写真をご覧下さい





セロテープで仮止め

IMG_1093car radio





ラジオ本体に仮止めの試適

IMG_1111car radio



外枠ダイキャスト部の仕上げ研摩

IMG_1123ガラス板

ガラス板に研摩材を敷いて

その上で8の字描き・・・


この後、黒色塗装をして、

文字板のアクリル板に

友人より送って貰ったラベルシールを

貼ろうとしたのですが。。。。。。

全滅。。。

私って、超不器用になっちゃいました

何枚か送って貰っていたので、

調子こいてました。。。反省

あ~~~どうしよう。。。

秘密基地

車趣味の先輩のところへ・・・




珍しい車があると云う事で、

ひよこ丸:「見に行っても良いですか?」

趣味の先輩:「是非どうぞ!」

と言う事で、いつも気持ちの良いお付き合いして貰っています。

同乗してみました。先ずは

エンジン始動の儀式

IMG_1294RSs.jpg




走行距離はなんと

IMG_1299RSs.jpg

殆ど乗って無いとの事です。

国産メーカーの正規販売品ですが、販売台数限定です。

所謂、競技のホモロゲーションの関係で販売されたモデルです。




さて、出発です。

シフトチェンジで、ホイールスピン「キュッ!」

てな具合で、超スパルタン


運転を代わって(エッ、運転させて貰ったの、、、ふふふ、ニッコリ)

先ずは、発進・・・

エンスト(お約束通り)

真っ直ぐに走らせるだけでも、、、緊張するくらいのシビアなお車♪

慣れないと無理、これが当時の本物ラリーカー



そして、戻って来た時のオドメーターは、

IMG_1301RSs.jpg



車好きの方は気になるでしょ!?

IMG_1282RSs.jpg

暴走族の後付けのオーバーフェンダーではありません。

純正、自動車メーカーの工場出たまんま!販売されたまんま!のオーバーフェンダーです




IMG_1288RSs.jpg




IMG_1272RSs.jpg

秘密基地なので、全貌は自主規制です。

因みに、本人さんは秘密基地とは呼ばれていません。


ツーリング

広島の友人よりお誘いを受け

プチツーリングに行ってきました

写真を沢山撮って来ました

外車が多く国産車はMR2の方と私一人でした

場所は山口県潮風公園みなとオアシスゆう

浜辺では家族連れが凧揚げしてたり、散歩されてたり

まあまあの人出でした。

IMG_0861ツーリング

ポルシェ軍団の面々


IMG_0862ツーリング

ポルちゃん14台いました


IMG_0907ツーリング




雰囲気のあるコブラです

IMG_0916ツーリング




bigフェラーリとアウディ

IMG_0921ツーリング





ポルちゃんの両横にロータス、ヨーロッパとエスプリ、 バイクも一台参加

IMG_0926ツーリング



新しいシリーズのエスプリとその右が珍しいですマセラティ・カムシンです

IMG_0932ツーリング




512のテスタロッサ、リヤフェンダーの流れるようなラインが良いですネ

IMG_0936ツーリング




新しいフェラーリは良く分からないのですが、多分550マラネロ?

フロントのオーバーハングが思ったより長かったです

IMG_0937ツーリング




昼食は、参加されてた方と御一緒したのですが、

偶然隣り合わせたかたが、この方で

注文の後、いきなりトランプを出されましたので

ポーカーでもして時間つぶし?

いえいえ、マジックでした☆



IMG_0955マジッシャン

広島のプロのマジッシャンで清水さん

プロの技を隣りで見せて頂きました♪

カーラジオ自動選曲装置修理完了

表装改造と修理に長い時間を掛けていますが、

出来ているところを紹介します

まずは、修理完了の動画です

バッジ

ラジオのバッジです

どこかと言うと、

car radio 現物バッジ

〇で囲んだ部分です






試作です

IMG_0652試作a

大きさが数ミリなので、上手く再現できませんでした




完成↓

IMG_0652完成

ここまでが限度でした



これに黒ペイントして表層の文字面を研摩すると

本当の完成です

バリは外れない為の引っ掛かりに利用する予定です
プロフィール

ひよこ丸 P tarou

Author:ひよこ丸 P tarou
ようこそ♪
“胡蝶の夢”の世界へ、
現実と夢想の境界が曖昧になれば、
事幸い♪
夢の世界へ、逃避したい気持ちです。
でも、現実もしっかりと受け止めねば
なりません。
写真はひとつの現実でしょうか♪現実
の世界でも、癒しの空間はあるもので、
幸せに感じる写真を撮っていきたいと
思っています。


■掲載している画像について

画像をクリックすると大きなサイズで御覧頂けます。


★ATTENTION

掲載画像の無断転用はご遠慮頂きますよう、宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
出演者

名前:チャコ)
キジトラ女の子
生年月日:2002年
娘 ← 某高校の先生より(← →アニマルレスキュー)
娘 → 娘の祖母へ
娘の祖母「面倒見れるまでは、チャコちゃん看てあげるね」
面倒が見れなくなった(亡くなった)→ 我が家へ
2015年5月我が家客間の主





名前:ふくすけ(最初の頃は楓と呼んでいました)
茶虎猫の男の子
生年月日:2014年2月22日にやって来ました





名前:ミント
白キジブチ猫の男の子
生年月日:2011年5月ころ





名前:shushu
ラフコリー(セーブルマール)の女の子
生年月日:2010年1月28日






名前:バジル
サバトラ長毛 女の子
生年月日:2004年8月10日 
ジンジャーの姉妹です。チンチラ系 





名前:ハイネ
ラフコリー(セーブル&ホワイト)
女の子
生年月日2002年6月28日
2016年1月5日、天に召されました。




名前:ジンジャー
サバトラ長毛猫 女の子
生年月日:2004年8月10日 
2015年8月6日、糖尿病などで、天に召されました。




名前:ツシマ
キジトラ猫 男の子 去勢済み
生年月日:不明↓この時点で推定6歳
2007年11月17日より家族の一員に!
2014年11月19日朝、交通事故により天に召されました





名前:白ちゃん
白Mix 男子
生年月日不明
2005年3月頃町内に降臨
2006年11月29日天に戻られる





名前:タマ
キジトラ猫 女の子 
生年月日:1990年10月?頃
2006年11月28日行方不明・天に召された





名前:ウイルソン
ラフコリー(セーブル&ホワイト)
男の子
生年月日:1989年6月
2002年6月天に召された




--------------------------
ゲスト



名前:Boss (ブチオ)
白黒のブチ 男子
生年月日不明
2007年初頭?より現れる
主にH家で面倒を見て貰っている
縄張りは半径600m位
2014年2月ころ天に召されました



ゲスト



名前:チビ
キジトラの女の子
生年月日多分2010春
2010年秋より現れる
主にN家で寝泊まりしている
毎日N家と我が家を行ったり来たり



ゲスト



名前:チビにぃ(今ではにいにぃと呼んでいます)
キジトラの男子
生年月日不明
2010年秋より現れる
主にN家で寝泊まりしている
毎日N家と我が家を行ったり来たり
常にチビと共に行動している。
同時に現れたので兄妹と思われる



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター