それぞれの立場

猫好きで犬嫌い

犬好きで猫嫌い

猫好きでカラス嫌い

カラス好きで犬猫嫌い

いろんなパターンがあるはずです

ひとそれぞれ

それにはいろんな理由があるでしょう

どんな美辞麗句を使い果たしても



全部嫌いな人もいるでしょう

それは当たり前の事であって


好きというのが利己だからなんです

(言ってしまった)



だから、先程の記事で

もう今日は書かないって、言ったのだった

(確信犯か・・・)




実は事の始まりはミント(一ヶ月くらい前)

庭のカラス木にまたまた今年もカラスさんが巣作りを

そこへミントが垂れていたツルをそばえに行っってしまった

カラスはもう大変な剣幕で怒りまくりミントへアタック!

「ミント、ダメ!!!下りて来い!」と叫ぶも、

飛んできたカラスにパンチ・・・

カラスはもう凄い声で「ギャッ!ギャッ!」

なんとか下りて来たものの、その後の展開を

ミントは予想しきれていなかった

その後、ミントは完全にカラスのターゲットにされてしまい

ワンズとの散歩でも、カラスからの急降下攻撃を受けるハメに

カラスは電線の上からいつも監視しており

ミントは家からでたらスグに三羽のカラスから

狙われるのだった。

それでも、駐車している車や木、塀を利用して、毎日お出かけする

カラスの攻撃はエスカレートして、大きな声でいつも泣き叫び

我が家の周りは凄い状態に陥ってしまっていた

カラスのターゲットは他の猫にも及び、チビ、チビにぃ、ツシマも

ただ、ブチオにはカラスも近づかない(笑)

チビ、チビにぃは、隠れながら、N家より移動するアリサマ

ツシマはそんなに逃げ隠れはしないと思っていたのだが、

(以前、近くに寄って来たカラスに飛びつこうとしてたから)

そんなツシマも三羽のカラスの急降下攻撃は超大声の威嚇を受け

少したじろんでいた様子だった・・・(もしかしたら狙っていたのかも)

6月20日、とうとう起こってしまった

帰宅して犬を庭に出してやっていたら、車庫の前の方で、

カラスの凄い声の威嚇と共に、急降下して猫に攻撃しているのが見えた

急いで、そちらに回ると、一羽のカラスが動かないで転がってる・・・

やってしまったか・・・

「カラスも異常なまでに調子に乗り過ぎていたからな~」

ツシマはトドメを刺す事はしないで見ている

残りのカラス二羽はもう地上へは下りて来ない

電線の上からもうこれ以上大きい声は出ないと云うくらい

の叫び声を上げて、猛抗議している様だ、

狂ったように叫び続け、電線やそのボックスを突きまくっている

様子を見ていたらヤラレタカラスが少し動いた、

ツシマ、猛ダッシュ!!

私も止めに入る為、猛ダッシュ!!!

それから、レスキューする準備を開始、革の手袋とケースとバスタオルを

取りに家に入った。

ツシマがトドメを刺さない様に祈りながら

ツシマはゴロリン

IMG_4252ツシマ



チビにぃは、その近くで隠れてる

IMG_4253チビにぃ


良かった、

取り合えず、猫達から隔離できそう

2羽のカラスが騒ぎ続けているので、

暫く見守る事に・・・

暗くなるといなくなるだろうと思い、待機した

2時間くらいは叫び続けただろうカラスもいなくなり

行動開始・・・

今度はブチオ現る

ブチオを見て、転がっていたカラスは慌てて、飛ぼうとしたが塀に激突

「あ~、上手く飛べて無い・・・」

先ずはブチオに餌をやり、それから・・・

遅くなったが、レスキュー完了

IMG_4258カラス

喉も乾いているだろうから、

飲んでくれるかな~

スポイドにクスリを混ぜた水を飲ませてやったら、

音を立てて飲んでくれたので、ひと安心

車庫のシャッターを閉め、ただ朝を待つのみ




つづく



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いやいや物凄いことが起きていますね
抗争事件か大戦争というと大袈裟かもしれませんが
動物達にはそういう物差しがないので加減もわからないから
直感でとどめを刺すかどうかしますからね。
ツシマもやるときゃやるんですね、自分自身というか自分達の居城(テリトリー)を守るという
感覚が働いたのかな。
最後に大物のBoss登場となるところでタマをとられなくて良かったですね
カラス、猫双方に話を聞く事は適いませんのでなんとも分からないでしょうけれども
仰るように立場というか本能のまま動いた結果ですね。
カラスは回復しましたか

No title

teddyboyさん、
はい、凄い事になっていました。
初めの頃は、たいした事なかったのですが、段々とエスカレートして行きました。
事件当日の6月20日までの一週間はカラスの騒ぎ声でとてもうるさかったです。
ギャッギャッギャッギャッギャッギャッギャッギャッギャッ限りなく続くのです。
最後の2,3日は、かごめかごめ、かごのなかの・・・・・後ろの正面だーれ状態!
みたいに猫に向かい急降下して、地上で、翼をブルンブルン言わせながら3羽が
猫を取り囲みイジメていました。
そんな時にこの事件が起こりました。
ミントも出窓から事の始終を見ていましたので、きっと、ツシマをおまぬけなおじち
ゃん猫だとはもう、思わない事でしょう♪
カラスは無事です。
プロフィール

ひよこ丸 P tarou

Author:ひよこ丸 P tarou
ようこそ♪
“胡蝶の夢”の世界へ、
現実と夢想の境界が曖昧になれば、
事幸い♪
夢の世界へ、逃避したい気持ちです。
でも、現実もしっかりと受け止めねば
なりません。
写真はひとつの現実でしょうか♪現実
の世界でも、癒しの空間はあるもので、
幸せに感じる写真を撮っていきたいと
思っています。


■掲載している画像について

画像をクリックすると大きなサイズで御覧頂けます。


★ATTENTION

掲載画像の無断転用はご遠慮頂きますよう、宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
出演者

名前:チャコ)
キジトラ女の子
生年月日:2002年
娘 ← 某高校の先生より(← →アニマルレスキュー)
娘 → 娘の祖母へ
娘の祖母「面倒見れるまでは、チャコちゃん看てあげるね」
面倒が見れなくなった(亡くなった)→ 我が家へ
2015年5月我が家客間の主





名前:ふくすけ(最初の頃は楓と呼んでいました)
茶虎猫の男の子
生年月日:2014年2月22日にやって来ました





名前:ミント
白キジブチ猫の男の子
生年月日:2011年5月ころ





名前:shushu
ラフコリー(セーブルマール)の女の子
生年月日:2010年1月28日






名前:バジル
サバトラ長毛 女の子
生年月日:2004年8月10日 
ジンジャーの姉妹です。チンチラ系 





名前:ハイネ
ラフコリー(セーブル&ホワイト)
女の子
生年月日2002年6月28日
2016年1月5日、天に召されました。




名前:ジンジャー
サバトラ長毛猫 女の子
生年月日:2004年8月10日 
2015年8月6日、糖尿病などで、天に召されました。




名前:ツシマ
キジトラ猫 男の子 去勢済み
生年月日:不明↓この時点で推定6歳
2007年11月17日より家族の一員に!
2014年11月19日朝、交通事故により天に召されました





名前:白ちゃん
白Mix 男子
生年月日不明
2005年3月頃町内に降臨
2006年11月29日天に戻られる





名前:タマ
キジトラ猫 女の子 
生年月日:1990年10月?頃
2006年11月28日行方不明・天に召された





名前:ウイルソン
ラフコリー(セーブル&ホワイト)
男の子
生年月日:1989年6月
2002年6月天に召された




--------------------------
ゲスト



名前:Boss (ブチオ)
白黒のブチ 男子
生年月日不明
2007年初頭?より現れる
主にH家で面倒を見て貰っている
縄張りは半径600m位
2014年2月ころ天に召されました



ゲスト



名前:チビ
キジトラの女の子
生年月日多分2010春
2010年秋より現れる
主にN家で寝泊まりしている
毎日N家と我が家を行ったり来たり



ゲスト



名前:チビにぃ(今ではにいにぃと呼んでいます)
キジトラの男子
生年月日不明
2010年秋より現れる
主にN家で寝泊まりしている
毎日N家と我が家を行ったり来たり
常にチビと共に行動している。
同時に現れたので兄妹と思われる



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター